MENU

AGAクリニックを利用している年代について

AGAクリニックに行ってみるとなると、抵抗のある方もおられるでしょう。
もう少し先にしようと先延ばししたい心理も働いて、なかなか足が進まないのではないでしょうか。

 

しかし、AGAの発症は低年齢化が進んでいて、他の要因なども絡んだ結果、早ければ10代でも症状が見られるようになっているのです。
症状が進んでからでは、余計に対応は難しくなりますし、改善も簡単にはできなくなってしまいかねません。
AGAに悩む方が若くなるに連れて、利用者の年代も若い人が増えてきています。

 

 

・若くしてAGA(男性型脱毛症)になる人も多い

AGAなどのような抜け毛や薄毛に悩む方のクリニックは、大半が40代以上というイメージがあります。
しかし、現在ではその中心は20代から30代で、10代で受診するという方も決して珍しいことではありません。

 

これは男性型脱毛症が、加齢による体質の変化やホルモンバランスの崩れなどから起きていたことが原因で、発症するのが比較的遅かったからだと考えられます。
最近のAGA発症が低年齢化しているのは、ストレスや食生活の変化、ネット環境の普及などによって起きる生活リズムの乱れなど、環境から受けている要因が大きいと考えられるのです。
そのため本来発症するだけの年齢になっていなかったとしても、頭皮環境を悪化させてAGAを後押ししているような状態になってしまっています。

 

・気づいたらすぐに治療が大切

遺伝的要因も強く影響するのが薄毛ですから、なりそうな人は心あたりがあるはずです。
若いうちから抜け毛がひどくなってしまい、そのまま放置しておくと抜け毛が進行して、ヘアサイクルが短くなり、産毛がどんどん増えて頭皮が受けてきいます。
季節によって抜け毛が増えるのは普通のことですが、その量が異様に多かったり、抜けやすい時期でもないのに抜け毛が増えてきたなどの症状が見られたら、早めからAGAクリニックに相談しておいたほうが無難です。

 

 

10代でもAGAクリニックの利用は可能か?

 

最近では生活習慣の関係か、10代でもAGAを発症してしまう方が増えているようですね。

 

・AGAクリニックに年齢制限はありません

基本的に年齢には関係なく、AGAクリニックでの治療は受けることが可能です。
つまり10代だろうが、70代や80代だろうが、生えてほしい場所に毛根さえ残っているのなら、治療してもらうという選択はできるということなのです。

 

ただし、10代がAGAの治療を受ける場合、まだ未成年であるため薬品の使用に制限がかかってしまう点は知っておいたほうがいいでしょう。
成人のAGA治療なら、ほとんどのクリニックで処方されているフィナステリド入りの薬やミノキシジルを配合した薬は、10代に対しては処方してもらうことが出来ません

 

これは効果が高い代わりに副作用の危険性がある薬を、体が成長する過程にある10代には使えないためなのです。
そのため、AGAクリニックで受けることができるのは、生活環境の改善指導などに限られてしまいます。

 

食事の欧米化がよく取り沙汰されますが、その影響で薄毛になっている人も多いのは事実です。
インターネットやメディアが発達したことで、生活パターンが変わってしまったという方も多いでしょう。
どんな食べ物を選ぶべきか、またどんな生活を送るべきなのかを指導してもらい、直接的ではないにしても、AGAの進行や発症を遅らせることができるようにしていくのです。

 

・心当たりのある人は遺伝子検査を受けておく

すでにAGAが発症してしまった方は、進行を遅らせるように努力する必要があるでしょうが、まだ発症していないという方は、10代のうちに遺伝子検査を受けておくといいでしょう。
特に家族や親戚にAGAらしい人が多い場合は、AGA遺伝子を持っているかどうか調べておくことで、気構えを持つきっかけになりますよ。

 

AGAを発症しやすいということがわかっていれば、生活や食事にも気をつけられるようになるでしょうし、仮に発症してしまったとしても早めから対処できるはず。
進行してしまう前に食い止めれば、被害は最小限で済ませることもできるのです。