MENU

AGAクリニックの初期脱毛

AGAの治療をクリニックで始めると、治療薬を飲み始めて少しした頃から抜け毛が増えてしまうという、一見治療効果に疑問を持ちたくなるような現象が発生します。

 

AGA治療でよくある初期脱毛という現象ですが、髪を増やしたくて始めた治療によって、脱毛が起きてしまうのは、誰しも不安を感じてしまうのではないでしょうか。
このような現象がなぜ起きるのか、本当に薬は期待する効果を発揮しているのか、心配を解消できるような情報をお教えしましょう。

 

 

初期脱毛は薬が効いている証拠です

本来なら抜け毛が止まって、新しい髪の毛が生えてきても良さそうなものですが、AGA治療していくにあたって、最初に起きてしまうこの初期脱毛は防ぐことができません。AGAという脱毛症状は、男性ホルモンのテストステロンが酵素によって変化しする「ジヒドロテストステロン」によって起こります。
このジヒドロテストステロンは、本来なら2年から5年程度ある、髪の毛の抜け変わりサイクルを乱し、髪がまともに育つ前に抜けさせてしまうようにするという厄介なホルモンです。

 

AGAの治療用に使うプロペシアなどの薬に含まれているフィナステリドは、ジヒドロテストステロンの生成を抑える効果があり、乱れてしまっているヘアサイクルを正常な状態に戻す働きがあります。そのため今までの崩れたヘアサイクルから抜け出す際に、一旦リセットするため、それまでの髪の毛が抜けだしてしまうことになるのです。

 

正常な状態に戻す過程なので心配不要

初期脱毛で抜けているのはAGAという男性型脱毛症の髪の毛と特徴です。
プロペシア以外のミノキシジルを服用することでも、初期脱毛が増加する事もあります。

 

ヘアサイクルには成長期、退行期、休止期があります。
プロペシアやミノキシジルを服用することで、毛母細胞の働きが活発になり、一時的に退行期、休止期に移行します。
休止期は3ヶ月程度あるため、暫くは抜け毛が増えた状態になるかもしれませんが、しばらく待つことで回復してきます。