MENU

ミノキシジルの副作用

AGAを治療している人が、頭髪ばかりではなく体毛まで濃くなってしまったという話は、ネット上でチラホラと見かけられる話題です。
本当に体毛まで濃くなってしまうような、副作用が出てしまう薬などあるのでしょうか。

 

 

 

体毛が濃くなるのは本当だった

AGAの治療ではミノキシジルを配合した内服約を使用します。
ミノキシジル内服薬には、薄くなってしまった頭髪治療の効果に合わせて、体毛が濃くなるという副作用が報告されています。

 

元々ミノキシジルは、血圧が高い人のために血圧降下作用を持つ薬の成分として入っていたものです。
血管を拡張し血圧が下がるようにし、心臓負担を軽減する薬だったのですが、この薬を使っていた方に発毛効果が見られたため、AGAの治療薬として利用されるようになりました。

 

頭皮の細かな血管を拡張し、血流を改善することで、隅々まで栄養を届けてくれる効果が得られるのです。
しかしその効果は、頭皮だけではありません。

 

全身の血管も当然拡張して血流が高まることになるため、頭皮以外の場所でも毛が増えてしまったりするのです。
生えなかった場所にまで毛が生えたという方もおられますし、毛深いのがあまりうれしくないという方には、ちょっとした問題ではありますね。
副作用がある場合はクリニックで相談する事をおすすめします。

 

 

直接頭皮に使えば副作用は少ない

このような副作用が出るのは、ミノキシジルを含んだ内服薬を使った場合です。
内服薬は消化管から吸収され、血液に乗って全身に廻りますから、使用者が望むと望まざるとにかかわらず、効果を出しやすい場所でその力を発揮してしまいます。

 

そんな副作用が気になるという方には、直接頭皮に注射する方法がおすすめ。塗布するタイプは市販のリアップが有名です。
効果の出てほしい場所へ直にぬりこみ事で、頭皮の血管をダイレクトに拡張し、育毛を促進します。
内服薬だけの治療に比べれば効果は少し弱くなりますが、体毛の増加という副作用は殆どありません。炎症やかぶれなどが発生する可能性はあります。