MENU

横浜中央クリニックの薄毛治療

 

横浜中央クリニックは横浜駅西口から徒歩4分のAGAクリニックです。ヨドバシカメラの隣のビルで展開しています。横浜中央クリニックではHARG療法を中心とした薄毛治療をおこなっています。HARG療法は成長因子などのタンパク質、アミノ酸、ビタミンなどがふくまれたHARGカクテルを注入します。

 

HARG療法の他に、プロペシアやミノキシジルなどの治療薬、LEDの光をあてる「LEDライトセラピー」などの治療が行われています。プロペシアとミノキシジルは薄毛治療で最も使用されています。抜け毛の原因となるDHTの抑制、血管の拡張、新生作用による毛母細胞の活性化などを促進します。

 

 

横浜中央クリニックの薄毛治療の内容

 

 

HARG治療で毛根活性化

HARG療法に使われるHARGカクテルには150種類以上の成長因子をはじめ、ビタミンB、シスチン、ブフロメシルなどが含まれています。成長因子には毛母細胞を活性化するKGF、FGFをはじめ、血管を新生するVEGF、PDGF、ヘアサイクルを改善するHGF、活性酸素を阻害するSODなどが含まれています成長因子は脂肪幹細胞移植由来の培養液を使っています。細胞のレセプターに働きかけ、細胞分裂を促進します。

 

横浜中央クリニックではHARG治療に注射針を使わないMEDJETを使用しています。MEDJETは炭酸ガスの圧力で薬剤を頭皮から注入します。注射針に比べ、痛みを70%も軽減し、麻酔をする必要があります。注射の場合、頭皮が腫れる症状が出ることもあります。MEDJETであれば頭皮への負担を抑えた治療が可能です。

 

HARG療法は1回あたり8万円と高額です。この治療を6回から10回行うとかなり高額になります。また、満足度はそこまで高く無いのが現状です。個人的にはプロペシア、ミノキシジルを治療を先に行い、それでも満足できない場合に検討することをおすすめします。予算に余裕がある場合は同時に行うのもありだと思います。

 

 

プロペシアで抜け毛防止

プロペシアは皮膚科などの病院でも行っている薄毛治療です。男性ホルモンに働きかける5αリダクターゼを阻害する治療薬です。5αリダクターゼを阻害することでDHTの生成を抑えます。DHTを抑えることでヘアサイクルの改善を促進します。

 

ミノキシジルで毛根活性化

ミノキシジルには血管を拡張する作用があります。横浜中央クリニックでは内服薬と外用薬の2種類があります。内服薬タイプの方が効果は強く、血管を拡張し、毛根を活性化します。血流が良くなることで毛乳頭細胞が活性化し、毛髪は成長します。

 

LED光で毛母細胞を刺激

横浜中央クリニックではLEDの光と使った治療法も行っています。高輝度LEDの光を与えることで毛根の細胞活性化を促進します。頭皮のコラーゲンなども活性化することで、毛髪のハリやコシの改善を促進します。

 

 

横浜中央クリニックの詳細

 

 

横浜駅から徒歩4分のAGAクリニック。HARGカクテルを注入するHARG治療をはじめ、プロペシア、ミノキシジルなどに治療薬で薄毛対策をおこないます。その他、LEDランプを使った薄毛治療なども取り入れています。

 

HARG療法 1回 8万円~
プロペシア 1ヶ月間分 6,800円
ミノキシジルタブレット 30日分 10500円
ミノキシジル塗り薬 30日分 4200円
LED治療 1回 5,000円