MENU

抜け毛シャンプーの特徴、効果

AGAクリニックではプロペシア、ミノキシジルなどの治療薬を使用しながら、薄毛を治療していきます。それに加えて、日々のシャンプー選びも抜け毛対策では大切です。ここでは抜け毛対策におすすめのシャンプーの種類、特徴などについて紹介します。

 

 

ノンシリコンタイプの特徴

 

AGAクリニックでよく使われているのは、ノンシリコンタイプのシャンプーです。シャンプーの中に含まれるシリコンには髪の表面をコーティングする役割があります。
これが化学物質であるために敏感肌の人には皮膚炎の原因となってしまいます。そのため、ノンシリコンタイプのシャンプーが、AGAクリニックでは勧められます。
ノンシリコンタイプの特徴は、髪や頭皮への刺激が少ないので、アレルギー体質の人やフケが多い人に最適です。

 

また、フケが多い人にはケトコナゾール、ミコナゾールなどの抗真菌剤が入ったシャンプーがおすすめです。皮脂の過剰分泌にによって発生する真菌は脂漏症皮膚炎の原因となり、フケやカユミをもたらします。さらに、紫外線に影響によって皮脂が酸化すると、過酸化脂質となって頭皮にダメージを与えます。過酸化脂質は細胞や血管にダメージを与え、育毛を阻害します。そのため、男性ホルモンによって皮脂が多い人、脂漏症皮膚炎には抗真菌剤入りのシャンプーを使用する事をおすすめします。

 

 

 

本当に気をつけたいこと

 

ノンシリコンタイプの抜け毛予防シャンプーを使っていてもその後に使うコンディショナーがシリコンタイプのものがあったりします。
シリコンが気になる人は、シャンプーもコンディショナーも両方ノンシリコンタイプにしましょう。ただ、シリコンだけが抜け毛の原因になるわけではありません。

 

ノンシリコンタイプはどうしてもシリコンが得意な髪のコーティングが弱くなってしまいます。それを補うために化学合成のコーティング剤が使われることがあり、それが肌に合わない場合もあります。

 

それでAGAクリニックでは頭皮の状態を見て、すでに皮膚炎などの問題を抱えている人には、植物由来の界面活性剤をつかった弱酸性のアミノ酸シャンプーを勧めています。弱酸性アミノ酸シャンプーを使うと、洗浄能力は少し落ちますが、肌をしっかりとケアしながら毛穴の汚れを落としてくれます。

 

 

抜け毛予防シャンプーの効果を引き出すために

 

ノンシリコンタイプの弱酸性シャンプーを使うことで、だんだんと頭皮環境が改善されていきます。抜け毛予防シャンプーの効果を最大限に引き出すためには、他のシャンプーは使わずに、低刺激のシャンプーを使い続けるようにしましょう。特に注意したいのは頭皮に刺激を与えるラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどが配合されているシャンプーです。抜け毛の問題をしっかり改善していくためにも弱酸性のアミノ酸シャンプーを使い続けていきましょう。