MENU

AGAクリニックの平均的な通院期間

AGA治療を始めたとしたら、いつまで続けるべきなのか疑問を持つ人は多くいらっしゃいます。なにより、病院に通い続ける事で費用がかかりますし、病院に行く時間も調整する必要があります。ここではAGAクリニックの通院期間について解説します。

 

 

治療薬は段階的に減らしていく

 

フィナステリドやミノキシジルは、AGA治療に欠かせない治療薬ですが、副作用を起こす可能性もあります。
副作用には性欲減退、多毛症などがあり、気になる場合は、医師に相談し、治療薬以外の方法にするか、治療そのものを中止する事も可能です。

 

また、治療薬の処方にはそれなりの費用負担もあるため、できるだけ早く通院を終わらせたいと思いますよね。しかし、急にや薬をやめてしまうのは、体調にも影響が出ることがあります。プロペシア、ミノキシジルの内服薬を服用している場合、使用を止める場合は医師に相談する事をおすすめします。ミノキシジルは、薬をのむ頻度を下げることからはじめ、濃度が低いものを処方してもらって体を慣らしていくことで、抵抗なく減らしていくことができるでしょう。

 

フィナステリドについては、完全にやめてしまうと男性ホルモンが影響を出し始め、抜け毛が進行することになりますので、飲み続けなければ治療の効果はなくなってしまいます。
負担を完全になくすことは出来ませんが、症状の悪化を見たくなければ仕方ありませんね。

 

 

プロペシアやミノキシジルは服用後6ヶ月程度で変化が見えてくる治療薬です。それまでに副作用がでたり、6ヶ月経っても変化が全く無い場合は医師に相談する事をおすすめします。高額になりやすい育毛メソセラピーのような治療法は何時でも辞めることが可能です。頭皮注射による育毛メソセラピーは6回の治療が一般的です。自毛植毛に関しては、治療は1回で終了します。それからは4ヶ月、8ヶ月など、定期的な検診を受ける必要があります。

 

治療の終わりは自分で

 

最終的にAGA治療の終わりは、自身が決めることになります。髪の状態が改善し、その状態を維持し続けるためには、治療薬を飲み続ける事になります。ただ、頻度を減らす事で様子を見ることが可能です。また抜け毛が増えたら、治療薬の服用を再開する事もでいます。自毛植毛の場合は、治療薬を飲み続ける必要はありません。メソセラピー治療も回数は決まっていますが、プロペシアを並行して飲む事が推奨されています。