MENU

AGAクリニック 医療費控除

AGAの治療費が国民健康保険や社会保険など健康保険の対象にはなりません。
治療費は保険が効かず、全額自己負担となるため、支払い費用が掛かってしまう点は、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

AGA治療はお金のかかるものにしかなりませんが、実はいくらかでも取り返すことのできる場面はあるのです。
それは、確定申告の際に書き込むことのできる医療費控除。
申告できる内容についてはしっかり申告して、少しでも費用負担を減らすようにしていただきたいと思います。

 

 

・原則薬代が対象になる

AGAの治療が健康保険の対象になることができないのは、厚生労働省が美容整形などのように見た目の改善を目的としたものを保険診療と認めていないことから決められています。

 

つまり、何かの治療を目的としたものであれば保険が使えますし、そうではない、美を求めるためのものである場合は自由診療、要は全額自己負担となってしまうということなのです。

 

税金もほとんど同じスタンスをとっていて、治療に必要な費用に限って医療費控除の対象としています。
そうなるとAGAの治療では医療費控除を受けることができなくなってしまいそうですが、この点について税務署の対応は場所によって異なっているようなのです。

 

診察や治療にかかる費用そのものは基本的に対象外という取り扱いで統一されていますが、治療薬のプロペシアやミノキシジルの費用については対象とされるケースがあります。対象にすることができる費用は可能な限り控除を受け、所得税の支払いを減らして節約すべきですね。控除を受ける際には処方箋やレシートなどを保管していおくようにします。

 

注意点としては、ビタミン剤、亜鉛などのサプリメントについては医療費控除の対象にはなりません。
こちらについては国税庁のHPにも記載されています。

 

国税庁 医療費控除の対象となる医療費

 

・事前に確認が必要
ただし先ほども書きましたが、医療費控除の対象として認められるかどうかは、それぞれの税務署によって判断が異なっているのが現状です。
特にサラリーマンの方は年末調整もしながら、わざわざ確定申告をするために税務署へ行かなければいけないのですから、事前に自分の地域を担当している税務署に確認して無駄足を防ぐようにした方がいいですね。